モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2010年09月04日

WRC 第6戦 ボーダフォン・ラリー・ポルトガル



優勝 セバスチャン・オジェ(シトロエン・ジュニア・チーム)
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン・トタル)
3位 ダニエル・ソルド(シトロエン・トタル)

ドライバーズ・ランキング
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン・トタル) 126P
2位 セバスチャン・オジェ(シトロエン・ジュニア・チーム) 88P
3位 ミッコ・ヒルボネン(BP−フォード・アブダビ) 76P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

雑感〜F1 第7戦 トルコGP


マーク・ウェバーが2戦連続のポール・トゥ・ウィンで乗り込んだイスタンブールレッドブルの速さは変わらずトルコでも1、3グリッドを獲得した。

3戦連続のポールスタートとなるウェバーがやはり有利にレースを運ぶと予想される。

唯一、対抗馬となりえたマクラーレン勢はストレートスピードで若干レッドブルを上回る、スタートで先行すれば勝機もある展開だ。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

F1 第7戦 トルコGP


優勝 ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
2位 ジェンソン・バトン(マクラーレン)
3位 マーク・ウェバー(レッドブル)

ドライバーズポイント
1位 マーク・ウェバー(レッドブル) 93P
2位 ジェンソン・バトン(マクラーレン) 88P
3位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン) 84P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

雑感〜インディカー・シリーズ 第6戦 2010 インディアナポリス 500

IndyCar.com 



40万人という想像も付かない観客が集まるインディ500も今年で94回目。

注目は勿論、2人の日本人ドライバー佐藤琢磨武藤英紀

残念ながらロジャー安川は出走を断念となってしまったが佐藤のスポッターとしてインディ500に間接出走する事となった。

そのまま現役引退とならないかという心配は取り越し苦労というものか?

インディ・ジャパンには松浦孝亮とともに出走してくれると思う。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(1) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

インディカー・シリーズ 第6戦 2010 インディアナポリス 500

IndyCar.com



優勝 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)
2位 ダン・ウェルドン(パンサー・レーシング)
3位 マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)
 
ポイント・ランキング
1位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー) 227P
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング) 216P
3位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング) 203P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

雑感〜フォーミュラー・ニッポン 第2戦 ツインリンクもてぎ

フォーミュラ・ニッポン公式サイト

06

開幕戦は辛くもディフェンディングチャンピオンのNAKAJIMA RACINGが優勝した。

作戦勝ちとも言うべき小暮卓史の優勝だったが去年のようなアドバンテージは感じられなかった。

雨となったツインリンクもてぎでの第2戦はレース距離が開幕戦より長い250km、無給油で走りきれる距離ではないもののタイヤ交換義務は適用されない。

チームとして戦略の自由度は下がるが、最後まで雨脚が収まる事は無くドライバーのポテンシャルが試されるレースになった。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:41| Comment(1) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

フォーミュラー・ニッポン 第2戦 ツインリンクもてぎ

フォーミュラ・ニッポン公式サイト

01

優勝 J.P・デ・オリベイラ(Mobil1 TEAM IMPUL)
2位 塚越広大(HFDP RACING)
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)

ドライバーズポイント
1位 J.P・デ・オリベイラ(Mobil1 TEAM IMPUL) 19P
2位 小暮卓史(NAKAJIMA RACING) 14P
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S) 12P

チームポイント
1位 Mobil1 TEAM IMPUL 25P
2位 NAKAJIMA RACING 19P
3位 PETRONAS TEAM TOM'S 13P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

雑感〜MotoGP 第3戦 フランスGP


リズラ・スズキアルバロ・バウティスタが公式練習中に転倒し鎖骨を骨折した為、青木宣篤に出走のチャンスが訪れたがバウティスタの希望により強行出走が決まった。

しかし、公式予選前に再び転倒して怪我を悪化させて結局は出走を断念、リズラ・スズキロリス・カピロッシ1台の出走となってしまった。

結果論ではあるが万全ではないバウティスタには休養を取らせて青木に代役を務めさせる方がチームにとっては得策だったろう。

今シーズンのスズキはかなり影が薄い存在になっている。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

MotoGP 第3戦 フランスGP


優勝 ホルヘ・ロレンソ(フィアット・ヤマハ) 
2位 バレンティーノ・ロッシ(フィアット・ヤマハ)
3位 アンドレア・ドビツィオーゾ(レプソル・ホンダ)

ライダーズポイントランキング
1位 ホルヘ・ロレンソ(フィアット・ヤマハ)  70P
2位 バレンティーノ・ロッシ (フィアット・ヤマハ) 61P
3位 アンドレア・ドビツィオーゾ(レプソル・ホンダ) 42P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑感〜F1 第6戦 モナコGP


世界3大レースに数えられるモナコGPではあるが、きちんとレースの出来るインディ500ル・マン24時間とは趣が大きく違う。

このモナコGPには特有の見方があり、それを理解できる者のみがモナコGPを楽しむ事が出来る。

如何にもアメリカ的インディ500に対し、排他的な印象の強いモナコGPはやはりヨーロッパを代表するイベントといえる。

個々のドライバーに特別な思いを抱かせるのは、そういったヨーロッパの【重み】を感じさせるからだろう。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 01:48| Comment(1) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。