モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2011年03月24日

フォーミュラー・ニッポン開幕戦を延期

↓** 義援金にご協力お願い致します **↓
 SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト

フォーミュラ・ニッポン公式サイト

フォーミュラー・ニッポン2011シーズンは東北地方太平洋沖地震の影響を考慮し開催日程を変更すると発表された。
変更内容は以下の通り。

フォーミュラー・ニッポン開幕戦 鈴鹿サーキット
 4月16~17日開催 → 5月15〜16日開催

フォーミュラー・ニッポン第2戦 ツインリンクもてぎ
 5月15〜16日開催 → スケジュール調整中


SUPERGT.net

同様にSUPER GT 2011シーズンのスケジュール変更が発表された。
変更内容は以下の通り。

SUPER GT開幕戦 岡山国際サーキット
 4月2〜3日開催 → スケジュール調整中
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

雑感〜フォーミュラー・ニッポン 第2戦 ツインリンクもてぎ

フォーミュラ・ニッポン公式サイト

06

開幕戦は辛くもディフェンディングチャンピオンのNAKAJIMA RACINGが優勝した。

作戦勝ちとも言うべき小暮卓史の優勝だったが去年のようなアドバンテージは感じられなかった。

雨となったツインリンクもてぎでの第2戦はレース距離が開幕戦より長い250km、無給油で走りきれる距離ではないもののタイヤ交換義務は適用されない。

チームとして戦略の自由度は下がるが、最後まで雨脚が収まる事は無くドライバーのポテンシャルが試されるレースになった。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:41| Comment(1) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

フォーミュラー・ニッポン 第2戦 ツインリンクもてぎ

フォーミュラ・ニッポン公式サイト

01

優勝 J.P・デ・オリベイラ(Mobil1 TEAM IMPUL)
2位 塚越広大(HFDP RACING)
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)

ドライバーズポイント
1位 J.P・デ・オリベイラ(Mobil1 TEAM IMPUL) 19P
2位 小暮卓史(NAKAJIMA RACING) 14P
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S) 12P

チームポイント
1位 Mobil1 TEAM IMPUL 25P
2位 NAKAJIMA RACING 19P
3位 PETRONAS TEAM TOM'S 13P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

雑感〜フォーミュラー・ニッポン 第1戦 鈴鹿サーキット

フォーミュラ・ニッポン公式サイト

ニューシャシーFN09となった昨シーズンはNAKAJIMA RACINGがセットアップにアドバンテージを得て圧勝のシーズンだった。

しかし2年目となる今シーズンは他チームもその差をつめてきている。

今シーズンはNAKAJIMA RACINGTEAM IMPULTOM'Sの3強にディフェンディングチャンピオン、ロイック・デュバルが移籍したDANDELION RACINGが絡む展開となる。

ドライバーズ視点は小暮卓史ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ平手晃平アンドレ・ロッテラーロイック・デュバルがチャンピオン候補と言えそうだ。


チャンピオン候補5人の中で注目なのが最も若い平手である。

GP2出身でF1へのステップアップもありえた実力はフォーミュラー・ニッポンでも既に証明されている。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

2010フォーミュラー・ニッポン開幕! 第1戦 鈴鹿サーキット

フォーミュラ・ニッポン公式サイト



優勝 小暮卓史(NAKAJIMA  RACING)
2位 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Mobil1 TEAM IMPUL)
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)

ドライバーズポイント
1位 小暮卓史(NAKAJIMA RACING) 11P
2位 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Mobil1 TEAM IMPUL) 8P
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S) 6P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

雑感〜フォーミュラー・ニッポン 第8戦 スポーツランドSUGO

Formula NIPPON Official website

09r8p048


2009フォーミュラー・ニッポン最終戦です。

全8戦、参加台数13台はあまりに寂しすぎるシーズンでした。

2010シーズンも7戦しか予定されておらず(第7戦後の特別戦というのがどういう扱いかはわかりませんが)エントリーリストの発表もまだです。

せめて20台以上は集めて欲しいところです。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

フォーミュラー・ニッポン 第8戦 スポーツランドSUGO

Formula NIPPON Official website

09r8p047


優勝 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING)
2位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S)
3位 平手晃平(ahead TEAM IMPUL)

ドライバーズポイント
1位 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING) 62P
2位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON IMPUL) 40P
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S) 39P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

雑感〜フォーミュラー・ニッポン 第7戦 オートポリス

Formula NIPPON Official website

09r7p015


2006年以来、3年ぶり開催のオートポリス
データも少ない、今年はマシンも変わった事もあって難しいレースだったと思う。

ここでチャンピオンを決めたいロイック・デュバルは予選でイエローフラッグ無視の為にQ3のタイムを抹消され10番手スタート。
しかもスタート直後の1コーナーでコースオフし最後尾まで後退と散々な序盤。

チームメイトの小暮卓史もポールスタートから3番手に下がってNAKAJIMA RACINGにとっては最悪のスタート。
それでも1−3フィニッシュで終えたのは出走台数が少ないのも手伝ってるんだろう。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォーミュラー・ニッポン 第7戦 オートポリス

Formula NIPPON Official website

09r7p043

優勝 小暮卓史(NAKAJIMA RACING)
2位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S)
3位 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING)

ドライバーズポイント
1位 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING) 51P
2位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON IMPUL) 40P
3位 小暮卓史(NAKAJIMA RACING) 37P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

雑感〜フォーミュラー・ニッポン 第6戦 ツインリンクもてぎ

Formula NIPPON Official website

02300.jpg

降るのか降らないのか?

微妙な空模様でしたが雨は降らず、最後までドライコンディションは保たれました。


今年はインパルが調子悪いので、どうしてもナカジマレーシングばかりが目立ってしまう。

そんな状況でトムスが意地見せたレースでした。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(1) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

フォーミュラー・ニッポン 第6戦 ツインリンクもてぎ

Formula NIPPON Official website

01300.jpg


優勝 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S)
2位 ロイック・デュバル(NAKAJIMA  RACING)
3位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON IMPUL)
 
ドライバーズポイント
1位 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING) 37P
2位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON IMPUL) 33P
3位 小暮卓史(NAKAJIMA RACING) 22P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

雑感〜フォーミュラー・ニッポン 第5戦 鈴鹿サーキット

Formula NIPPON Official website



久しぶりのドライレース、暑さも湿気も最高潮だったようです。

しかし5台ものマシンがジャンプスタートでペナルティってのは何だかなぁ・・・。

特にディフェンディングチャンピオン松田次生は全てにおいてツキがない。

まぁ、ジャンプスタートは自らのミスとしてもファイナルラップのクラッシュは少々不憫だ。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

フォーミュラー・ニッポン 第5戦 鈴鹿サーキット

Formula NIPPON Official website



優勝 ロイック・デュバル(NAKAJIMA  RACING)
2位 小暮卓史(NAKAJIMA  RACING)
3位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON IMPUL)

ドライバーズポイント
優勝 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING) 37P
2位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON IMPUL) 33P
3位 小暮卓史(NAKAJIMA RACING) 22P

続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

フォーミュラー・ニッポン 第4戦 富士スピードウェイ



Formula NIPPON Official website

優勝 ロイック・デュバル(NAKAJIMA  RACING)
2位 大嶋和也(PETRONAS TOM'S)
3位 リチャード・ライアン(DOCOMO DANDELION)
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

フォーミュラー・ニッポン 第3戦 ツインリンクもてぎ



Formula NIPPON Official website

優勝 小暮卓史(NAKAJIMA RACING)
2位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON TEAM IMPUL)
3位 石浦宏明(Team LeMans)
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

フォーミュラー・ニッポン 第2戦 鈴鹿サーキット



Formula NIPPON Official website

優勝 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING)
2位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON TEAM IMPUL)
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

2009フォーミュラー・ニッポン開幕 第1戦 富士スピードウェイ



Formula NIPPON Official website

優勝 ブノワ・トレルイエ(LAWSON TEAM IMPUL)
2位 伊沢拓也(DOCOMO DANDELION)
3位 平手晃平(ahead IMPUL)
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

2009年フォーミュラ・ニッポン記者発表会が開かれる

Formula NIPPON Official website

これはある意味、健全な方向とも言える。

フォーミュラー・ニッポンは育成するカテゴリー。

SuperGTは魅せるカテゴリー。

どちらが収益に繋がるかといえばSuperGTに決まってる。

予算の少ないプライベーターが両方にエントリーするには無理がある。

育てるカテゴリーはやはりメーカー主導で行わざるを得ない。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

雑感〜フォーミュラー・ニッポン 第8戦 スポーツランドSUGO



Formula Nippon Official Site

既にドライバーズタイトルは決したがチームタイトルの決定戦となった最終戦。
インパルPIAA NAKAJIMA星野中嶋の対決は全日本F2時代から続く因縁の対決だ。

2003年からはインパルの5連覇が続いている。
10.5ポイント差を追うPIAA NAKAJIMAの形勢不利は否めない。

決勝は雨のレースとなったが、徐々に小降りとなり路面状況次第ではドライタイヤへの交換も視野に入れた戦略となる。
トムスARTAはドライタイヤでのスタートを選択した。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

フォーミュラー・ニッポン 第8戦 スポーツランドSUGO



Formula Nippon Official Site

優勝 松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)
2位 小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)
3位 ロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 22:45| Comment(1) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。