モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2011年03月27日

インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP

↓** 義援金にご協力お願い致します **↓
SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト

IndyCar.com


コース:セントピーターズバーグ
ポールポジション:ウィル・パワー
コース種別:市街地特設コース
路面コンディション:ドライ

優勝 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)
2位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)
3位 トニー・カナーン(KVレーシング・テクノロジー-ロータス)
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

雑感〜インディカー・シリーズ 第7戦 インディ550k

IndyCar.com



第7戦の舞台、テキサス・モーター・スピードウェイは屈指のハイバンクコースでドライバー的には辛いコースである。

しかもトワイライトレースとしての開催で徐々に暗く、そして気温の下がっていくコンディションはマシンセッティングも難しい。

そういうレースで好調な走りを見せたのがダニカ・パトリックライアン・ブリスコー
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

インディカー・シリーズ 第7戦 インディ550k

IndyCar.com



優勝 ライアン・ブリスコー(チーム・ペンスキー)
2位 ダニカ・パトリック(アンドレッティ・オートスポート)
3位 マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)
 
ポイント・ランキング
1位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング) 246P
2位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー) 243P
3位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング) 235P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

雑感〜インディカー・シリーズ 第6戦 2010 インディアナポリス 500

IndyCar.com 



40万人という想像も付かない観客が集まるインディ500も今年で94回目。

注目は勿論、2人の日本人ドライバー佐藤琢磨武藤英紀

残念ながらロジャー安川は出走を断念となってしまったが佐藤のスポッターとしてインディ500に間接出走する事となった。

そのまま現役引退とならないかという心配は取り越し苦労というものか?

インディ・ジャパンには松浦孝亮とともに出走してくれると思う。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(1) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

インディカー・シリーズ 第6戦 2010 インディアナポリス 500

IndyCar.com



優勝 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)
2位 ダン・ウェルドン(パンサー・レーシング)
3位 マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)
 
ポイント・ランキング
1位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー) 227P
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング) 216P
3位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング) 203P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

雑感〜インディカー・シリーズ 第5戦 ロード・ランナー・ターボ・インディ300

IndyCar.com



今シーズンは5戦目にして初のオーバルレース開催とインディカー・シリーズとしては異例のスケジュールである。

ロードレースが増えた事もあり今シーズンからロードコースとオーバルコースで、それぞれのチャンピオンと総合チャンピオンを決めるというレギュレーションとなった。

ここまでのロードレース4戦ではウィル・パワーが圧倒的な強さを見せ付けたが、オーバルシリーズに入ってスコット・ディクソンが貫禄の圧勝劇で巻き返してきた。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

インディカー・シリーズ 第5戦 ロード・ランナー・ターボ・インディ300

IndyCar.com



優勝 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)
3位 トニー・カナーン(アンドレッティ・オートスポート)
 
ポイント・ランキング
1位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー) 190P
2位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング) 164P
3位 エリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー) 162P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

雑感〜インディカー・シリーズ 第4戦 トヨタ・グランプリ・オブ・ロングビーチ

IndyCar.com



今シーズン好調のウィル・パワーは、得意のロードコースでここまで圧倒的な速さを見せ付けてきた。

その勢いは衰える事無くロングビーチ・グランプリに乗り込んだパワーは公式予選でも悠々とトップタイムをマーク、3戦連続となるポールスタートを手に入れた。

パワーチャンプカー出身であり、元々チャンプカーのシリーズとして行われていたロングビーチ・グランプリでも優勝経験があり、第4戦も優勝候補の筆頭なのは疑いようが無かった。
 続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

インディカー・シリーズ 第4戦 トヨタ・グランプリ・オブ・ロングビーチ

IndyCar.com



優勝 ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)
2位 ジャスティン・ウィルソン(ドレイヤー&レインボールド)
3位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)
 
ポイント・ランキング
1位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー) 172P
2位 エリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー) 130P
3位 ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート) 129P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

雑感〜インディカー・シリーズ 第3戦 インディ・グランプリ・オブ・アラバマ

IndyCar.com

第3戦はインディカー・シリーズでは珍しい常設サーキットでのレースである。

2003年オープンの新しいサーキットで、今年がインディカー・シリーズ初開催となった。

山間部に作られた緑豊かな非常に美しいサーキットで日本ツインリンクもてぎに近いイメージだ。

90周で行われたレースはフューエルウィンドウが約30周と2ピット作戦にはギリギリで3ピット作戦との選択が難しいレースとなった。


常設サーキットという事もあり、ランオフエリアも広くイエローコーションとなる可能性が他のコースに比べて低い為、厳しい燃費走行を強いられる事になる。

しかし、オーバーテイクの難しいサーキットであり、一度ポジションを落としてしまうと思うようにリカバーが出来ないという事から2ピット作戦を採用したマシンが上位を占める事となった。


ポールスタートのウィル・パワーは3ピット作戦を採用し、最初のピットストップでポジションを落とすと二度とトップの座に返る事は無かった。

パワーのピットイン後はエリオ・カストロネベスマルコ・アンドレッティが交互にラップリーダーを記録する事になる。

久しく低迷を続けるアンドレッティ・オートスポートにとっては2年ぶり、マルコ・アンドレッティにとっても4年ぶりの勝利が現実化してきた。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

インディカー・シリーズ 第3戦 インディ・グランプリ・オブ・アラバマ

IndyCar.com



優勝 エリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)
2位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)
3位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)
 
ポイント・ランキング
1位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー) 136P
2位 エリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー) 104P
3位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング) 94P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

雑感〜インディカー・シリーズ 第2戦 Hondaグランプリ・オブ・セント・ピーターズバーグ

IndyCar.com


サンダーストームにより決勝は1日順延で月曜日に行われた。

その影響もあってスタート時のコース上は若干の水溜りが存在するという状況。

しかし、レコードラインはほぼドライであり、ミルカ・デュノーがレインタイヤを選んだ以外は全マシンがドライタイヤを選択してスタートとなった。

セント・ピーターズバーグのコースは一部、飛行場の滑走路を使った特設コースで場所によってコース幅に大きな差がある。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

インディカー・シリーズ 第2戦 Hondaグランプリ・オブ・セント・ピーターズバーグ

IndyCar.com



優勝 ウィル・パワー(ペンスキー)
2位 ジャスティン・ウィルソン(ドレイヤー&レインボールド)
3位 ライアン・ブリスコー(チーム・ペンスキー)
 
ポイント・ランキング
1位 ウィル・パワー(ペンスキー) 103P
2位 ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート) 59P
3位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ) 59P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

雑感〜インディカー・シリーズ 第1戦 サンパウロ・インディ300



今シーズンから本国USA以外の開催国として新たにブラジルが加わった。

インディカードライバーにはブラジリアンが多く現地は大いに盛り上がる事になった。

サーキットの場所はサンパウロのストリート特設コース。

その路面は非常にダスティであり、しかもバンピー、その上、強風が吹いて無数のデブリが宙を舞う環境だ。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

2010インディカー・シリーズ開幕! 第1戦 サンパウロ・インディ300



優勝 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)
2位 ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)
3位 ヴィットール・メイラ(A.J.フォイト・エンタープライズ)
 
ポイント・ランキング
1位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー) 50P
2位 ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート) 40P
3位 ヴィットール・メイラ(A.J.フォイト・エンタープライズ) 35P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

佐藤琢磨、KVRTと契約



琢磨がやっとシート決めました。

KVレーシングテクノロジーからインディカー・シリーズに参戦です。

F1浪人で2年もレースやってないと普通の人に戻っちゃうからとにかく走った方がいい。

F1なんて特殊な世界は1度経験すれば十分です。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

雑感〜インディカー・シリーズ 第17戦 Firestone Indy 300

IndyCar.com 

02600


3つ巴のタイトル争いとなった最終戦、インディカー・シリーズ史上初のノーコーションションレースでした。


トップ3は8ポイント差。

1レース、フルマークで53ポイント獲得できるインディカー・シリーズでは無きに等しい差。

このレースを勝った者がチャンピオンです。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インディカー・シリーズ 第17戦 Firestone Indy 300

IndyCar.com

01600


優勝 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)
2位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー)
3位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)

ポイント・ランキング
1位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ) 616P
2位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ) 605P
3位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー) 604P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

インディカー・シリーズ 第16戦 Indy Japan 300

Honda

01600

優勝 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)
3位 グラハム・レイホール(ニューマン・ハース・ラニガン)


ポイント・ランキング
1位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ) 570P
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ) 565P
3位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー) 562P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

雑感〜インディカー・シリーズ 第15戦 PEAK Antifreeze and Motor Oil Indy 300

IndyCar.com

02600


インディ・ジャパン@ツインリンクもてぎ、直前のレースでございます。

去年のもてぎと言えばダニカ・パトリックが女性ドライバー初優勝を飾ったレース。

地元イリノイ州で行われるこのレースもダニカにとっては大事な2連戦。

勿論、凱旋直前レースとなる武藤英紀にとってもいい流れを作らなければいけなかったのだが・・・。

2人が乗るA・G・Rのマシンは今年絶不調、決勝レースも残念でしたもうやだ〜(悲しい顔)
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。