モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2011年03月27日

インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP

↓** 義援金にご協力お願い致します **↓
SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト

IndyCar.com


コース:セントピーターズバーグ
ポールポジション:ウィル・パワー
コース種別:市街地特設コース
路面コンディション:ドライ

優勝 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)
2位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)
3位 トニー・カナーン(KVレーシング・テクノロジー-ロータス)


ポイント・ランキング
1位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング) 52P
2位 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー) 41P
3位 トニー・カナーン(KVレーシング・テクノロジー-ロータス) 35P

Comment
トニー・カナーン
の移籍と、チャンプカー3連覇の実績を引っさげて元F1ドライバー、セバスチャン・ブルデー復帰が開幕戦の大きな話題となった。
予選でのクラッシュでブルデーが決勝不出走となったのは残念だった。
スタート&リスタート直後の1ターンでクラッシュが多発した。
2列スタートはオーバルコースと違ってロードコースには不向きなようだ。
やや埃っぽい路面状態も混乱に拍車をかけた一因だろう。
レースは最初のリスタートでトップに立ったダリオ・フランキッティが危なげなく逃げ切り開幕戦を勝利した。
新チームへ移ったカナーンも3位でチェッカーを受け貫禄を見せ付けた。
最終順位は4位に終わったが一時は2位を走行しカナーンとのバトルを披露したシモーナ・デ・シルベストロの健闘も光った。
今シーズンの勢力図はチップ・ガナッシ・レーシングチーム・ペンスキーKVレーシング・テクノロジー-ロータスの3強となりそうな様相である。

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227317949

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。