モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2010年06月03日

雑感〜インディカー・シリーズ 第5戦 ロード・ランナー・ターボ・インディ300

IndyCar.com



今シーズンは5戦目にして初のオーバルレース開催とインディカー・シリーズとしては異例のスケジュールである。

ロードレースが増えた事もあり今シーズンからロードコースとオーバルコースで、それぞれのチャンピオンと総合チャンピオンを決めるというレギュレーションとなった。

ここまでのロードレース4戦ではウィル・パワーが圧倒的な強さを見せ付けたが、オーバルシリーズに入ってスコット・ディクソンが貫禄の圧勝劇で巻き返してきた。

このチップ・ガナッシ・レーシングの勝利でやっとインディカー・シリーズらしくなってきたと思う。

開幕戦から苦戦の続いたチップ・ガナッシ・レーシングだがやはり豊富なデータと経験が生きてきた。

ディフェンディングチャンピオンのダリオ・フランキッティとともにディクソンの追撃体制が整った。

パフォーマンスが復活しつつあるアンドレッティ・オートスポートも絡み中盤戦に大きな期待を持ちたいと思う。


経験という意味ではチーム・ペンスキーも引けを取らないはずだが、ここカンザスではドタバタした印象に終始した。

ポイントリーダーのウィル・パワーは12位へ沈み、ポールスタートのライアン・ブリスコーもピットミスで順位を落とす。

終盤、プッシュアンダーに苦しめられたエリオ・カストロネベスもポディウムフィニッシュを守りきれず4位に終わった。

今年から3台体勢となったチーム・ペンスキーだがウィル・パワーがレギュラードライバーとなった事でロードコース重視に変わってきているのかもしれない。


パフォーマンス的に、やや気になるドライバーはダニカ・パトリックダン・ウェルドンである。

パトリックのチームメイト、マルコ・アンドレッティもポイント上の結果は出ていないが彼は第3戦をあと一歩で優勝というところまでいっておりパトリックとは、やや状況が違っている。

今年からパトリックNASCARに挑戦している事もあって、それが悪い方に影響しているとも言われている。

一概にそれが悪いとは思わないが、オフシーズンにはUSF1チームからF1参戦と言う噂が立つなどインディカー・シリーズに集中仕切れていないのかもしれない。

実力派の女性ドライバーとしてアメリカでは圧倒的な人気を誇るパトリックなだけにシリーズ全体を引っ張る牽引者としての元気を取り戻してもらいたいと思う。


一方、ウェルドンは2005年にチャンピオンを獲得して以降、成績は右肩下がりの状態が続いている。

アンドレッティ・グリーン・レーシングからチップ・ガナッシ・レーシングへ移籍して結果を出せぬまま昨シーズンから古巣のパンサー・レーシングに戻った。

1カー体勢のパンサー・レーシングではどうしてもトップチームと差が付いてしまう。

ドライバーが結果を残せば、より良いチームのシートを確保する事になり成績はプラスのスパイラルとなっていく。

しかし反対に成績が落ちれば当然、マイナスのスパイラルに嵌っていく事になり、ウェルドンはまさにその状態に陥っている。

まだ老け込む年齢ではないだけに、ここから2005年のパフォーマンスを取り戻せるか期待したい。


2人の日本人ドライバー武藤英紀が5位、佐藤琢磨が6位と上位を走行していたが、残り14周のリスタートで接触し2台ともクラッシュとなった。

よりによって日本人同士の接触と最悪の結果となったが原因は周回遅れのシモーナ・デ・シルベストロがアウトに膨らんでアウト側にいた武藤を押出した事である。

武藤は更にアウト側にいた佐藤と接触しマシンを止める事になってしまった。

不幸なアクシデントではあったが、佐藤がオーバルコースに適応出来た事は高く評価したい。

今後の日本人ドライバーに期待が持てる事が解ったのは大きな収穫である。


次戦はいよいよ伝統のインディ500である。


IZOD INDYCAR SERIES
ターゲット・チップ・ガナッシ レーシング
ドライバーズCAP S.ディクソン 2010 #9
価格 3,000円 (税込) 送料別


人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152020875

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。