モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2010年03月28日

雑感〜インディカー・シリーズ 第1戦 サンパウロ・インディ300



今シーズンから本国USA以外の開催国として新たにブラジルが加わった。

インディカードライバーにはブラジリアンが多く現地は大いに盛り上がる事になった。

サーキットの場所はサンパウロのストリート特設コース。

その路面は非常にダスティであり、しかもバンピー、その上、強風が吹いて無数のデブリが宙を舞う環境だ。

おおよそチャンピオンシップを戦う場には似つかわしくないお粗末なサーキットである。

更に悪い事にスタート前には激しい降雨もあった。

来年も同じサーキットで開催されるのかは解らないがもう少しオーガナイザーは努力して欲しい。


5人いる新人ドライバーには開幕戦から辛いステージであったのは間違いない。

その新人の中で最も注目を集めたのが元F1ドライバー佐藤琢磨だ。

スタート直後、ダストが舞い上がり視界が遮られる中で多重クラッシュが発生したが、そのきっかけを作ってしまったのが佐藤だった。

サーキット環境は確かに最悪だったが彼にとってはデビュー戦である、佐藤参戦で初めてインディカーを見るファンもいたはずだから、もう少し慎重さが必要だった。

1周もせずにマシンを降りるのは彼にとっても不本意だろうが再びF1の徹を踏まぬ事を望みたい。

インディカーではルーキー扱いとなるが彼のキャリア自体は一級品なのだから。


今シーズンは女性ドライバーが5人へと増えた。

サラ・フィッシャーは開幕戦をキャンセルしたがトップカテゴリーに女性が5人いるモータースポーツは他に無いと思う。

特に新人のシモーナ・デ・シルベストロはラップリードも経験し、第2のダニカ・パトリックの誕生も期待させるレースだった。

こういう『華がある』ところは、やはりアメリカンモータースポーツの良さである。


スタートから波乱のあったレースは中盤にも降雨が激しくなり36分の中断を余儀なくされた。

再スタート時に混乱を極めたのは、やはりタイヤ選択である。

3周のセーフティカーランの後、リスタートのグリーンフラッグが振られる頃には季節が逆の南半球、高温の土地柄からコースはほぼ乾いてしまっていた。

レインタイヤでスタートしたマシンはタイヤ交換が必要となり、この選択ミスでディフェンディングチャンピオンのチップ・ガナッシは優勝争いに残る事は叶わなかった。

2台体制のチップ・ガナッシは作戦を分けていれば優勝もありえたはずであり名門らしからぬミスだったと思う。


代わってトップに立ったペンスキーライアン・ブリスコーは、またもミスでトップの座を逃してしまう。

ペンスキーにとっては昨シーズン同様の課題が残った形だ。


3強の一角、A・G・Rは今シーズンからキム・グリーンが抜けた為、アンドレッティ・オートスポートと変わった。

新加入のライアン・ハンター-レイが2位に入ったものの上位2チームにやや置いていかれた印象は昨シーズンと変わっていない。

開幕戦を見た上での勢力図は昨シーズンと大差ないようである。


昨シーズンのインディ500で背骨を2箇所骨折しシーズンを棒に振ったヴィットール・メイラも同郷であるF1フェリペ・マッサ同様に元気に復帰してきた。

ともに開幕戦の表彰台を獲得し健在振りをアピールした。


今シーズンはF1と同日開幕となったインディカー・シリーズ

佐藤加入で日本での人気アップに繋がるか注目していきたいと思う。

 
【SALEクリアランスセール50%OFF超特価最安値で円高還元実施中!!】新作雑誌掲載腕時計入荷【SALE】【正規品】【新品未使用品】【T★M】
INDY500【インディ500】【クロノグラフ】メンズ腕時計/IN-3001-08
世界最大の自動車レースと言われる『インディアナポリス500マイル・レース(インディ500)』
アメリカンモータースポーツの代表的レースと知られています。
そしてその超高速バトルを走るインディカーをイメージした腕時計。クロノグラフ機能搭載で機能・デザイン共に時計の機能としても一流!カーマニアならずとも押さえておきたいアイテムです!

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。