モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2010年02月24日

雑感〜WRC 第1戦 ラリー・スウェーデン


今シーズン最大の話題は何といってもF1ワールドチャンピオンキミ・ライコネンのフル参戦だ(ラリー・ニュージーランドは不参戦の模様)

そのライコネンに対してWRCドライバー達は概ね歓迎ムードだ。

しかし、一部からはF1チャンプといえど、しっかり腰を据えた参戦でなければ結果は伴わないという厳しい声も上がっている。

それはそうだろう、腰掛的に1年だけ走るようなドライバーに負けられないプライドもあるはずだ。

ライコネンの将来がどうなるかは解らないしF1復帰の道もあるかもしれないが、WRCドライバーとしてのキャリアもしっかり踏んで欲しい。

今シーズン唯一のスノー・ラリーとなるスウェーデンは、ライコネンにとって初戦からいきなり高いハードルだった。

前走マシンの巻き上げる雪煙に苦戦したり、スノーバンクに乗り上げスタックもした。

スタックしたマシンを掘り出す為、雪かきも経験した。

華やかなF1の世界と違って、自ら汚れ役もこなさなければならないのがWRC

F1チャンプに似つかわしくない姿に思えるかもしれないが、本来スポーツとは泥にまみえるものだ。

WRCでも通用するところを見せて欲しい。

この初戦はスタックしたマシンを戻すのに26分ロスしたのが響いてトップから38分遅れの30位という最終順位となった。

ステージタイム6位で終えたSSもあり、WRカーに慣れれば上位進出もあると期待したい。


スバルの撤退を受けて苦しい昨シーズンを送ったペター・ソルベルグは今シーズン、2009年型シトロエンC4を獲得した。

戦闘力のあるマシンを手にいれてタイトル争いにも加われそうである。

残念ながらコースオフで5分ほどロスした事もあって初戦は9位で終わった。


2008年型フォード・フォーカスでスポット参戦した元チャンピオンのマーカス・グロンホルムも電気系トラブルで振るわず21位と沈んだ。

今シーズンは何戦かスポット参戦するようなので楽しみにしている。


去年、最終戦で逆転されミッコ・ヒルボネンをチャンピオンにする事の出来なかったBP−フォード・アブダビヤリ-マティ・ラトバラをNo.2ドライバーと位置づけ全面的にヒルボネンをバックアップする事を明言した。

ラトバラにとっては残念なチーム体勢となったが、しっかり経験を積んで将来に生かして欲しい。

波乱の開幕戦はBP−フォード・アブダビのエースドライバー、ヒルボネンが制した。


今シーズンは全13戦、9月には2年ぶりのラリー・ジャパンも開催される。

期待の大きいシーズンとなりそうだ。








レッドライン製 フェラーリ F2008 キミ・ライコネン 2008年スペインGP優勝仕様
フェラーリ F2008 2008年 キミ・ライコネン
9,555円

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142037571

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。