モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2010年01月30日

インディカー・シリーズ 第17戦 Firestone Indy 300

IndyCar.com

01600


優勝 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)
2位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー)
3位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)

ポイント・ランキング
1位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ) 616P
2位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ) 605P
3位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー) 604P

Comment

ポールポジション:ダリオ・フランキッティ
コース種別:オーバル
コース路面コンディション:ドライ
スタート、ダリオ・フランキッティスコット・ディクソンライアン・ブリスコーのオーダーで始まる。
9周目、ディクソンがトップに立ち、以下ブリスコーフランキッティと続く。
50周前後で各マシンピットストップを済ませるがトップ3のオーダーはディクソンブリスコーフランキッティと変わらない。
63周目、ブリスコーがトップに立つ。
100周前後で各マシン2回目のピットストップ、ブリスコーディクソンフランキッティのオーダーとなる。
その後、暫くはブリスコーディクソンがラップリーダーを奪い合う展開。
144周目、ブリスコーディクソンがピットイン、フランキッティブリスコーディクソンのオーダーへ。
151周目、フランキッティがピットイン、オーダーはブリスコーディクソンフランキッティとなる。
193周目にディクソンがピットイン、194周目にブリスコーがピットインしてフランキッティブリスコーディクソンのオーダーへ。
200周ゴール、フランキッティがポール・トゥ・ウィンで今シーズン5勝目をあげ、最終戦で逆転チャンピオンを獲得した。

究極のスピードインディカー F1を凌ぐ迫力
究極のスピードインディカー F1を凌ぐ迫力
1,890円

人気blogランキング

↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139784641

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。