モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2010年01月27日

インディカー・シリーズ 第16戦 Indy Japan 300

Honda

01600

優勝 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)
3位 グラハム・レイホール(ニューマン・ハース・ラニガン)


ポイント・ランキング
1位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ) 570P
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ) 565P
3位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー) 562P

Comment

ポールポジション:スコット・ディクソン
コース種別:オーバルコース
路面コンディション:ドライ
スタート、スコット・ディクソンダリオ・フランキッティマリオ・モラエスのオーダーで始まる。
50周前後に各マシン、ピットインを終えてオーダーはフランキッティディクソンダン・ウェルドンに変わる。
100周過ぎから上位陣のピットインが始まる。
106周目、マイク・コンウェイのクラッシュでイエローコーション。
119周目リスタート、ディクソンがトップに立ち、フランキッティウェルドンが続く。
161周目、ライアン・ハンター-レイがクラッシュでイエローコーション。
173周目リスタート、オーダーはディクソンフランキッティグラハム・レイホールとなる。
200周ゴール、ディクソンがポール・トゥ・ウィンで今シーズン5勝目をあげた。

究極のスピードインディカー F1を凌ぐ迫力
究極のスピードインディカー F1を凌ぐ迫力
1,890円

人気blogランキング

↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139503375

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。