モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2009年10月20日

雑感〜F1 第16戦 ブラジルGP


全17戦で行われる今シーズンのF1グランプリ、最終戦を残した第16戦でシーズンチャンピオンが決した。
第31代チャンピオン、ジェンソン・バトンの誕生となった。

開幕から7戦6勝と圧倒的な強さを見せ付けてきたバトン、前半戦でシーズンを終わらせてしまうかに思われた。
しかし中盤以降は勝星を積み重ねる事が出来ずライバルの猛追を受ける事になる。

新生のプライベートチームであるブラウンGPのマシンの戦闘力低下もあったが、バトン自身が守勢になった事が最大の要因ではなかったろうか。
事実、チームメイトのルーベンス・バリチェロはその後に2勝をあげている。

混乱の予選での不運もあり14番手スタートに甘んじたバトンだったが気迫のこもった走りは彼に5位チェッカーをもたらした。
終盤にきてやっとチャンピオンに相応しい走りを取り戻したと思う。


バトン同様に予選が上手くいかなかったセバスチャン・ベッテルはポイント的な不利もあって事実上、決勝前にチャンピオンシップを終えた。
それでも最後まで自分のスタイルを通し続けた彼は今シーズン最も印象深いドライバーと言って良いと思う。

コース幅いっぱいに使いアウトラインからオーバーテイクを仕掛ける走りは圧巻だった。
来シーズン、チームがどんなマシンを仕立てるかは解らないが、またチャンピオンシップを掻き回してくれると思う。


母国GPという事もあってか予選から流れを掴んでポールポジションを獲得したルーベンス・バリチェロバトンにとって最大の脅威となっていた。
バリチェロとしてはここでポール・トゥ・ウィンを決め、最終戦に望みを繋げば逆転チャンピオンの芽も出たはずだった。

その目論みもファーストスティントまでは予定通りであったが、最初のピットインでマーク・ウェバーにトップを奪われると挽回の機会は巡ってこなかった。
しかも終盤にはルイス・ハミルトンとの接触で左リアタイヤがスローパンクチャーしピットインを余儀なくされ8番手へ後退、結果的にバトンの後ろでチェッカーを受けた。

バリチェロにとっては残念な結果だったが、これでコンストラクターズタイトルも決定しブラウンGPがWタイトルを獲得した。
新規参戦チームのタイトル獲得はF1史上初の快挙である。


優勝したマーク・ウェバーは中盤以降、安定した走りをみせ、終盤にロバート・クビサに迫られるも危なげなく逃げ切った。
今シーズンは初優勝も経験しチャンピオンシップにも絡んだウェバーにとっては過去最良の1年であったと思う。

チームに恵まれなかったという意味ではウェバーバトンは同じ境遇、2009年にやっと望んだ戦いが出来た。
両ドライバーには来シーズンの奮闘も期待したいところだ。


1周目にヤルノ・トゥルーリエイドリアン・スーティルフェルナンド・アロンソを巻き込むクラッシュが起こった。
トゥルーリは優勝も狙えただろうし、スーティルアロンソも表彰台を目指せるレースのはずだった。

発端はトゥルーリスーティルの接触だが、トゥルーリのやや無謀なアタックが引き起こしたアクシデントだと思う。
トゥルーリは同じような形でチャンスを失う事が何度かあり、ベテランドライバーとしては軽率な行動が目立つ。
それが彼の持味とも言えるのだがチームやファンの立場からすると残念でならない。


このレースでデビューを飾った小林可夢偉は9位フィニッシュと、あと一歩のところでポイント獲得を逃した。
だが小林は非常にアグレッシブな走りを披露し一時は3位を走行し大健闘だった。

とはいえラフなところもあり、危険な動きも多かった。
実際、中嶋一貴との接触は大きな反省点だ、F1を走る上で学ばなければならない事がもう少しあるようだ。


タイトルも決まり最終戦はしがらみも無くドライバー同士の真っ向勝負となる。
初開催サーキットという事もあって見応えのある面白いレースが期待できると思う。








ブラウン GP メルセデス BGP 001 2台セット オーストラリアGP 2009 1-2フィニッシュ(限定)
MINICHAMPS,ミニチャンプス製1/43スケールミニカー。ブラウン GP メルセデス BGP 001 2台セット オーストラリアGP 2009 1-2フィニッシュ(限定)のミニカーです。
9,922円

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。