モータースポーツのリザルド及び観戦記をつらつらと書き連ねます。

☆このサイトはリンク、コメント、トラックバックいずれもフリーです☆

出来るうる限りコメントへの返信はさせて頂きます。
一言コメントを頂けたら嬉しいです(^−^)
モータースポーツ好きな人、大歓迎♪

最近の記事
インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP をUPしました!
ダリオ・フランキッティ、開幕戦を制す!!
(04/09)2011MotoGP開幕! 第1戦カタールGP
(03/29)WRC 第2戦 ラリー・メキシコ
(03/27)インディカー・シリーズ 第1戦 セントピーターズバーグ ホンダGP
(03/27)F1 第1戦 オーストラリアGP
(03/27)WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル
人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m

2010年01月31日

フォーミュラー・ニッポン 第8戦 スポーツランドSUGO

Formula NIPPON Official website

09r8p047


優勝 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING)
2位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S)
3位 平手晃平(ahead TEAM IMPUL)

ドライバーズポイント
1位 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING) 62P
2位 ブノワ・トレルイエ(LAWSON IMPUL) 40P
3位 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S) 39P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラー・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

雑感〜インディカー・シリーズ 第17戦 Firestone Indy 300

IndyCar.com 

02600


3つ巴のタイトル争いとなった最終戦、インディカー・シリーズ史上初のノーコーションションレースでした。


トップ3は8ポイント差。

1レース、フルマークで53ポイント獲得できるインディカー・シリーズでは無きに等しい差。

このレースを勝った者がチャンピオンです。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インディカー・シリーズ 第17戦 Firestone Indy 300

IndyCar.com

01600


優勝 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)
2位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー)
3位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)

ポイント・ランキング
1位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ) 616P
2位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ) 605P
3位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー) 604P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクラーレン、MP4-25を発表


去年後半の強さを考えてらやはり、このマシンが最有力?







F1 2009 本選仕様 ボーダフォン マクラーレン メルセデス MP4/24 L.ハミルトン
MINICHAMPS,ミニチャンプス製1/18スケールミニカー。F1 2009 本選仕様 ボーダフォン マクラーレン メルセデス MP4/24 L.ハミルトンのミニカーです。
8,505円

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェラーリ 2010シーズンの新型車「F10」を発表


ちょっと『F1−2000』に似てるかな。

タイトル奪還なりますかどうか・・・。








マテル 1/18 フェラーリ F1 2000 日本GP/M.シューマッハ エリートシリーズ
マテル 1/18 フェラーリ F1 2000 日本GP/M.シューマッハ エリートシリーズ
20,790円

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
ラベル:フェラーリ F1
posted by ∞エンスー侠士牙 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダカール・ラリー2010


オート部門 総合順位
優勝 カルロス・サインツ(フォルクスワーゲン)
2位 ナッサー・アル・アティア(フォルクスワーゲン)
3位 マーク・ミラー(フォルクスワーゲン)

オート部門 市販車クラス
優勝 三橋淳(チームランドクルーザー)
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

USF1、ロペス起用を正式発表!

ESPN F1

ホセ・マリア・ロペスというドライバーは良く知りません。

USF1というチームも微妙です。

これらのチーム名やドライバー名を聞くと何だか今シーズンが不安ではあります。


1970年代 F1世界選手権総集編DVD11枚組
ターボエンジンの搭載により更なるスピード時代の幕開となった1970 年代。ニキ・ラウダやジャッキー・スチュワート、ジル・ビルヌーブなど数多くの英雄を輩出し「F 1 の黄金時代」といわれる11 年間の映像を収めた、ファン必見のDVDコレクションです。現在のように衛生放送などなかったこの時代の映像は、まさにお宝といえる貴重なもの。今ではもう見ることのできないマシーンや、サーキットに散っていった英雄たち…F 1の歴史が迫力ある映像で甦ります。
32,340円

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トロ・ロッソのラインアップ決定

ESPN F1

なかなか発表されませんでしたが、アルグエルスアリ残留で決定です。

去年、シーズン途中からドライブして結果は出せませんでしたが、それで切られるのも酷ですからね。

今年、結果出せなければそれまでですけど。

F1 2009 本選仕様 スクーデリア トロロッソ STR4 S.ブエミ
MINICHAMPS,ミニチャンプス製1/18スケールミニカー。F1 2009 本選仕様 スクーデリア トロロッソ STR4 S.ブエミのミニカーです。
8,032円

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザウバー、デ・ラ・ロサと契約!

ESPN F1

まぁ、正直言えば『今更、デ・ラ・ロサexclamation&question』という気はする。

F1ではこれといった成績も残してない彼がいまだにF1界にいる事が不思議ではある。

フォーミュラー・ニッポンでチャンピオン経験もあるデ・ラ・ロサ小林可夢偉のコンビは日本色の強いチームとなった。

ザウバー日本企業がスポンサーに付いてくれれば面白いのだが・・・。


マクラーレン メルセデス MP4/21 P.デ・ラ・ロサ 1st ポディウム ハンガリー2006
1/43PMA530064314マクラーレン メルセデス MP4/21 P.デ・ラ・ロサ 1st ポディウム ハンガリー2006
5,040円

人気blogランキング
↑ 是非、ご協力お願いします m(_ _)m
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インディカー・シリーズ 第16戦 Indy Japan 300

Honda

01600

優勝 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)
3位 グラハム・レイホール(ニューマン・ハース・ラニガン)


ポイント・ランキング
1位 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ) 570P
2位 ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ) 565P
3位 ライアン・ブリスコー(ペンスキー) 562P
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インディカー・シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

雑感〜WRC 第12戦 ラリー・グレートブリテン


2連勝でシーズンを締めくくったセバスチャン・ローブが逆転で6年連続チャンピオンを獲得した。

モータースポーツにおいて6連覇はMotoGPバレンティーノ・ロッシF1ミハエル・シューマッハの5連覇を抜いて単独1位の記録だ。

それぞれのワールドチャンピオンシップで絶対的なチャンピオンがほぼ同時期に誕生し、それを目の当たりにする事が出来た幸運に感謝したいと思う。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

雑感〜WRC 第11戦 ラリー・スペイン


シトロエン得意のターマックステージ。

セバスチャン・ローブの逆転チャンピオンの為にはシトロエン・トタルの1−2フィニッシュが必須。

目論見通りに1−2体勢を築くも、ここスペインダニエル・ソルドの地元。

僅かな差でソルドローブを上回ってトップに。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑感〜WRC 第10戦 ラリー・オーストラリア


6連覇のかかったセバスチャン・ローブ、もう背水の陣といったラリーです。

今までの西海岸から東海岸へステージを移したラリーは全員が初走行。
35ステージと通常の2倍近いSSはショートステージの連続で全チームが手探り、全ドライバーが同条件と大混戦でした。

このラリーでも翌日の出走順を有利とする為のタイム調整を見る事になってしまいました。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

雑感〜MotoGP 第17戦 バレンシアGP


既に前戦でチャンピオンも決まり、上位陣は来シーズンのシートもほぼ決まっていて思いきった走りが期待できる最終戦です。

ところがポールスタートのケーシー・ストーナーがウォームアップラップ、F1で言うところのフォーメーションラップで転倒してしまいスタートせずに終わってしまった。

『思いっきり出来る』は『気が緩む』と裏腹なのかもね。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

雑感〜MotoGP 第16戦 マレーシアGP


最終戦を残してバレンティーノ・ロッシが2年連続7度目のチャンピオンを確定したレースです。

ケーシー・ストーナーの3戦病欠に助けられたところもありましたが、ロッシの安定した成績が光りました。

若手の猛追を受けてはいますが、やはりこの人が一歩先んじているように思えます。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

雑感〜MotoGP 第15戦 オーストラリアGP


4連勝のフィアット・ヤマハにストップをかけたのがケーシー・ストーナー

病み上がりの復帰2戦目で早くも優勝、それも地元GPだ。

この人のポテンシャルも半端じゃない、そりゃそうか一昨年のチャンピオンだもんな。

普段は真っ赤なマシンのデュカティを特別にあつらえた白いマシンで出走のストーナー

きっちり結果を出すあたりはヤマハの2人に全く引けを取らない。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

雑感〜MotoGP 第14戦 ポルトガルGP


バレンティーノ・ロッシホルヘ・ロレンソと交合にフィアット・ヤマハの4連勝。

他チームを圧倒してフィアット・ヤマハがチームタイトル獲得を決めたレースです。

ウィルス性疾患で3戦欠場していたケーシー・ストーナーも、このレースから戻ってきました。

復帰していきなり2位フィニッシュはさすが、ロッシロレンソのタイトル争いのキーパーソンとして存在感を主張します。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

雑感〜MotoGP 第13戦 サンマリノGP


地元GPって印象として結果残せないライダーが多いんだよね。

アレックス・デ・アンジェリスも地元GPで1周も走れずに転倒。

巻き込まれたコーリン・エドワーズニッキー・ヘイデンは不運でした


優勝したバレンティーノ・ロッシも地元だけど、こうして結果が残せるライダーと残せないライダーの差が超一流と一流の境目なんだ。
続きを読む
posted by ∞エンスー侠士牙 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。